事務所の経営理念について

FMS経営理念

私達は、

1.FMSの実践
2.租税正義の実現
3.職業会計人の地位向上の実現
   をします。 FMSの実践とは、
  FFuture未来) M(Management経営 Strategy戦略)
 月次の巡回監査を通じてお客様の健全な発展(黒字化)とお客様の健全な未来の創造を支援します。私達はその行動結果を通じて、お客様ひいては地域と社会に貢献します。
 関与先の発展を通じて、我が事務所の発展・社会の発展に寄与して参ります。

「自利利他」
我々が所属するTKC全国会には基本理念があります。
その基本理念は「自利利他」であります。

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。

大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。

仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。

同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。

そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。

また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。

世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。

そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。

事務所案内

昭和55年 5月楢原巧税理士事務所開業
現在の代表社員税理士楢原巧は、この年税理士試験に合格し、岡山市天神町に楢原巧税理士事務所を開業。写真は、楢原巧中学生時代、司法書士・計理士でもあった父 楢原彰との写真(開業した事務所の20年前の写真)である。
楢原巧税理士事務所開業

昭和60年 3月株式会社エフ・エム・エスを設立
仲間の税理士と経営コンサルタントを行う会社として設立。

昭和60年 3月

第1次社員退職事件発生

社員1人をのこして全ての従業員が3月15日に辞表を提出。
楢原は、この状況で関与先を守れるのか?事務所の危機となる。
そんな中、関与先の社長から次の言葉を頂く。

「天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ず先づ其の心志を苦しめ、其の筋骨を労せしめ、其の體膚を餓えしめ、其の身を空乏にし、行ふこと其の為さんとする所に拂乱せしむ。心を動かし性を忍ばせ、其の能くせざる所を曾益せしむる所以なり。-孟子-」

楢原税理士事務所は社員が退職し存亡の危機にある。今困っているのだから、困っているときに社員が少なくなったからといって顧問先の方から税理士との契約を解消するような事になっては駄目だ。私が、先頭に立って顧問先が離れない運動をしよう!
この言葉に発奮。

平成 4年 8月事務所移転
楢原司法書士事務所と合同事務所であった岡山市天神町事務所が狭くなったため岡山市神田町へ移転。
(総床面積約40坪・敷地面積50坪)
事務所移転

平成 6年 3月第2次社員退職事件発生
事務所改革を実行する中、改革に反対する6割の社員がまたもや3月に同時退職となる。

平成 6年 10月現在の社員税理士 宇野元浩入社

平成 8年 4月中期経営計画元年
中期計計画を初めて作成した年となる。これ以降、毎年経営計画による事務所経営を実践していくことになる。
中期経営計画元年

平成 8年 12月平成7年に税理士試験に合格した宇野が、税理士登録。

平成15年 5月社会保険労務士 出原吉人入社
出原社会保険労務士事務所開業

平成18年 10月井原祥雅税理士事務所と合併
現社員税理士井原祥雅がパートナーとなる
事務所移転
岡山市神田町の事務所が小さくなり、又事務所の合併も重なり岡山市豊成に新事務所を建設移転することとなる
(総床面積約100坪・敷地面積220坪)。


事務所移転

平成22年8月楢原巧が会長に就任し、宇野元浩が所長に就任。(現在に至る)