経営計画策定支援

貴社の5年後の姿をイメージできる経営計画の策定と、その達成に向けた業績管理体制の構築をご支援します!


黒字決算を毎期実現するためには、

自社の現状を踏まえた上で目標設定を行い、目標を達成するための経営計画を策定する。
計画値(予算)と実績の差異を確認し、目標達成のために、計画の進捗確認と今後の対策を検討する会議を四半期毎に行う。

このような業績管理体制(PDCA※サイクル)を社内に構築することが重要です。
※PDCA : Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(対策)

「中期経営計画」の策定をサポート
「短期経営計画」の策定をサポート
「予算実績比較」・「対策検討」をサポート
イメージ

「中期経営計画の策定をサポート


中期経営計画を策定する目的は、”社長の夢”を経営目標として掲げ、「これから、何をなすべきか」を明らかにすることです。

当事務所では次のような流れで、貴社の中期経営計画の策定をサポートします。

中期経営計画を策定する際には、必要に応じて、貴社の業種に精通した専門家をご紹介し、アドバイスを受ける事ができます。

「短期経営計画の策定をサポート

「短期経営計画」の策定をサポート
「短期経営計画」の策定をサポート

当事務所では、策定した中期経営計画の初年度を、翌期の短期経営計画として、具体化して行きます。

短期経営計画を、より詳細な計画にするため、商品別・得意先別の販売計画や、設備投資計画、資金繰り計画を策定します。

そして翌期の目標を達成するための具体的な行動計画をまとめ、計画書を完成させます。

「予算経実費比較」・「対策検討」をサポート

「予算経実費比較」・「対策検討」をサポート
「予算経実費比較」・「対策検討」をサポート

計画を策定したら、行動計画に沿って日常業務を遂行する必要があります。日常業務を遂行すると、その結果が数字として表れますので、月次で予算と実績の差をチェックします。
そして、実績が予算に届かない場合は、どのような対策を行うか検討します。

当事務所では、「予算と実績の比較」と「対策の検討」を行うため、3つのサポートを行います。
・予算と実績を、グラフを使って分かりやすく解説します。
そして問題点を様々な角度から検討できるようにし、どのような対策を講じることができるかアドバイスします。
・最新実績をもとに、期末までの業績予測を行います。
・決算予測に基づき、決算までに間に合う具体的な決算対策をアドバイスします。